プロフィール

belcanto

Author:belcanto
FC2ブログへようこそ!


CATEGORY


最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


         個別ページです。       
   
DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:土地家屋調査士
【不動産登記を行う不動産の専門家】

受験資格:制限なし

試験内容

【筆記試験】
(1)民法に関する知識
(2)登記の申請手続きおよび、審査請求の手続きに関する知識
(3)土地及び家屋の調査及び測量に関する知識
(4)土地及び家屋の調査及び測量に関する知識及び技能(平面測量、作図)
(5)その他土地家屋調査士法第3条に規定する業務を行うのに必要な知識及び能力

【口述試験】
(1)民法に関する知識
(2)その他土地家屋調査士法第3条に規定する業務を行うのに
必要な知識及び能力

ちなみに筆記試験合格者のみ。


試験日;筆記 八月下旬 口述 11月上旬
試験地:管区法務局または那覇地方法務局毎にそれぞれの局が
指定した場所
受験料:7,200円
申込み方法:管区法務局、地方法務局から受験申請書を入手し、
受験しようとする試験地を管轄する法務局の総務課に提出。
期間は5月下旬~6月初旬

問い合わせ先:各管区法務局、地方法務局
http://www.moji.go.jp/
合格率:約6.3% 独立開業に向いているかと言われればそうでもないのだが・・


■仕事の内容

土地や建物などの不動産が何処にあり、どのような形状なのか、
またどのように使用されているかを、依頼を受けて調査・測量
を行い、申請手続きや図面作成を行う専門家である。

不動産登記に関わる手続きは、非常に複雑なため、
登記申請人に代わり一手に引き受ける。

建築・不動産業界の中でも裏方的な資格。

この人達の任務は登記の中でも、当然に行わなければならない
「表示の登記」を行うこと。

建物の新築・増築時や相続に伴う土地の分割、
曖昧な土地の境界線の確定時などに必要な
「不動産の表示登記」の一連の手続きを代行してくれる
職務である。

権利登記を担う司法書士と連携する場面も多い。


■需要

これだけだと、零細でも独立したいという人向けの資格

この業界は、「肉体労働兼法律家」みたいなかんじになっているが、
なぜか、高年齢の調査士が多い業界のようです。
これは土木建築業にありがちな「古い体質」を反映しての
ことと考えられますが、そのため、地方では老舗事務所が
陣取ってしまって、新規参入が非常に難しいといわれています。

もちろん、中には営業力を駆使することで、
仕事を自力でとってくるやる気満々の調査しもいるとのこと。

何事もモチベーションの問題であることを教えてくれます。

参入が難しく、独立後も安定するのが難しいので、
この資格だけで生活するにはよほどのやりがいを
この業界に見いだしたか、二世として運命を
決めてしまっている人かという印象があります。

■受験法

不動産業。土木業で経験を積みながら受験する人が
多い職業。

難関資格ほどの難易度はないけれども、片手間では受からない。

じっくり腰を据えて勉強するのが良いでしょう。

教本を少しずつでも開きながら試験勉強をしていくと

よいのではないでしょうか。


ちなみに、業界も高齢者が多いですが、

受験生にもご年配の方が多いです。

スポンサーサイト

テーマ : 資格 - ジャンル : 学校・教育

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


土地家屋調査士 資格 2007/08/25~09/25


土地家屋調査士 資格についての最近の情報です。



copyright © 資格試験大辞典~法律・不動産資格受験生のための情報ブログ all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。